SSLサーバ証明書インストール Microsoft IIS 6.0(5.0)[新規]

SSL マニュアル
重要なお知らせ
[2019年11月15日] SECTIGO(旧コモド)クロスルート証明書の提供終了(2020年5月30日)のご案内
[2019年02月08日] 大手ブラウザによるTLS1.0、TLS1.1無効化の予定

SSLサーバ証明書インストール Microsoft IIS 6.0(5.0)
[新規]

SSLサーバ証明書をMicrosoft IIS 6.0(5.0) に新規にインストール手順を説明します。新規時と更新時は手順が違いますのでご注意下さい。

■ステップ1 サーバ証明書と中間CA証明書の保存

  1. サーバ証明書

    受信した「発行完了メール」の本文中の「サーバ証明書」のすぐ下の
     (—–BEGIN CERTIFICATE—–) から (—–END CERTIFICATE—–) までをコピーし、
    テキストエディタに貼り付け、サーバ証明書ファイルとして任意のファイル名で保存します。
     例: 2015yourdomain.crt

    [サーバ証明書]
    SSLサーバ証明書サンプル

  2. 中間CA証明書

    受信した「発行完了メール」の本文中の「中間CA証明書」のすぐ下の
     (—–BEGIN CERTIFICATE—–) から (—–END CERTIFICATE—–) までをコピーし、
    テキストエディタに貼り付け、中間CA証明書ファイルとして任意のファイル名で保存します。
    ファイル名:(例) 2015intermediate.crt

    [中間CA証明書]
    2016中間CA証明書

■ステップ2 中間CA証明書のインストール

違うファイル名で保存した場合は、そのファイル名に置き換えて下さい。

  1. 中間CA証明書ファイルをダブルクリック

    保存した中間CA証明書ファイル(例:2015intermediate.crt)をウェブサーバ上の任意の場所に置きダブルクリックします。
    中間CA証明書インストール手順2

  2. 中間CA証明書のインストール

    証明書の情報画面が表示されます。「証明書のインストール」ボタンをクリックします。
    中間CA証明書インストール手順3

  3. 証明書のインポートウィザード起動

    「証明書のインポートウィザード」が表示されます。
    「次へ」をクリックします。
    中間CA証明書インストール手順4

  4. 証明書ストアの選択

    証明書ストアの選択画面が表示されます。
    「証明書をすべて次のストアに配置する」を選択して「参照」をクリックします。
    中間CA証明書インストール手順5

  5. 証明書ストアの参照選択

    証明書ストアの選択画面が表示されます。
    「物理ストアを表示する」のチェックボックスをオンにし、「中間証明機関」の下の「ローカルコンピュータ」を選択します。

    【注記】
    証明書ストアの選択で「ローカルコンピュータ」が表示されない場合は、管理者権限(administrator)で作業していない可能性があります。 管理者権限(administrator)で作業をやりなおして下さい。
    管理者権限(administrator)で作業しているのに、「ローカルコンピュータ」が表示されない場合は、mmcから中間CA証明書をインストールして下さい。
    mmcから中間CA証明書とクロスルート証明書をインストールする手順はこちら

    中間CA証明書インストール手順6

  6. 証明書ストアの選択から次へ

    証明書ストアの選択画面に戻ります。
    「次へ」をクリックします。
    中間CA証明書インストール手順7

  7. 証明書インストールの完了

    ウィザードの完了画面が表示されます。
    「完了」をクリックします。
    中間CA証明書インストール手順8

  8. 証明書インストールの完了確認

    「正しくインポートされました」と表示されます。
    「OK」をクリックします。
    中間CA証明書インストール手順9

■ステップ3 サーバ証明書のインストール

  1. Microsoft IIS 6.0(5.0)を起動します。
    申請CSRを生成したサイト名にカーソルを合わせ、メニューバーより[操作]→[プロパティ]をクリックします。
    [(サイト名)のプロパティ]が表示されます。
    [ディレクトリセキュリティ]タブをクリックし、[サーバ証明書]をクリックします。
    Microsoft IIS 6.0 SSLサーバ証明書インストール2
  2. Webサーバー証明書ウィザードを起動します。「次へ」ボタンを押します。
    Microsoft IIS 6.0 SSLサーバ証明書インストール3
  3. 「保留中の要求を処理し、証明書をインストールする」を選択し、「次へ」ボタンを押します。
    Microsoft IIS 6.0 SSLサーバ証明書インストール4

     ※ここで「保留中の要求を削除する」を実行すると発行された証明書をインストールする事ができなくなりますのでご注意ください。

  4. 1.で作成した証明書ファイルを指定し、「次へ」ボタンを押します。
    Microsoft IIS 6.0 SSLサーバ証明書インストール5
    参照ボタンを押し、ファイルタイプを「すべて」にしていただくと、.txt拡張子のファイルが選択可能です。
  5. httpsで利用するポート番号を入力します。デフォルトは443です。
    Microsoft IIS 6.0 SSLサーバ証明書インストール6
  6. 証明書の概要が表示されますので確認後、「次へ」ボタンを押します。
    Microsoft IIS 6.0 SSLサーバ証明書インストール7
  7. Webサーバー証明書ウィザードの終わりです。「完了」ボタンを押します。
    Microsoft IIS 6.0 SSLサーバ証明書インストール8

■ステップ4 インストールチェッカーで正しくインストールできたか確認

  1. インストールチェッカーで確認

    認証機関の提供するインストールチェッカーで サーバ証明書と中間CA証明書が正しくインストールできたか確認して下さい。

■ステップ5 秘密鍵ファイルと証明書ファイルのバックアップ

ハードウェア障害などに備え、キーペア(秘密鍵 と 証明書)ファイルをバックアップ(エクスポート)しておきます。

サーバをリプレイスする場合などには、キーペアファイルを新しい環境にインポートすることで移行して利用できます。
  1. サーバ証明書をインストールしたサイト名にカーソルを合わせ、メニューバーより[操作]→[プロパティ]をクリックします。
    [(サイト名)のプロパティ]が表示されます。

  2. [ディレクトリセキュリティ]タブをクリックし、[証明書の表示]をクリックします。
    iis6.0バックアップ説明画像1

  3. [証明書]画面が表示されます。
    [詳細]タブをクリックし、[ファイルにコピー]ボタンをクリックします。
    iis6.0バックアップ説明画像2

  4. [証明書のエクスポートウィザード]が表示されます。[次へ]をクリックします。
    iis6.0バックアップ説明画像3

  5. 秘密キーのエクスポート方法の選択画面が表示されます。
    「はい、秘密キーをエクスポートします」をクリックし、[次へ]をクリックします。
    iis6.0バックアップ説明画像4

  6. ファイルの形式を選択する画面が表示されます。
    「証明のパスにある証明書を可能であればすべて含む」のチェックボックスをオンにし、[次へ]をクリックします。
    iis6.0バックアップ説明画像5

  7. エクスポートするキーペアを保護するためのパスワード入力画面が表示されます。
    任意のパスワードを入力(2回)し、[次へ]をクリックします。
    ここで入力するパスワードは、絶対に忘れないように大切に管理してください。
    iis6.0バックアップ説明画像6

  8. ファイル名を入力する画面が表示されます。
    わかりやすいファイル名(拡張子は *.pfx になります)を指定し、[次へ]をクリックします。
    iis6.0バックアップ説明画像7

  9. ウィザードの完了画面が表示されます。
    [完了]をクリックします。
    iis6.0バックアップ説明画像8

  10. 「正しくエクスポートされました」と表示されます。
    [OK]をクリックします。
    iis6.0バックアップ説明画像9

    バックアップ(エクスポート)が完了すると、 指定した場所、ファイル名で拡張子 (*.pfx) のキーペアファイルが保存されます。
    キーペアファイルには、セキュリティ上最も大切な秘密鍵の情報が含まれています。
    必ずバックアップを取り、厳重に管理をしてください。






【ご注意】
この文書に記載されている情報は予告なしに変更されることがあります。 この文書に記載されている情報に従ってユーザが操作を行い、いかなる損害を被ろうとも、当社は一切の責任を負いません。 また、ユーザは自己の責任において使用する事に同意したものとみなされます。
-